HOME>ホットトピックス>融資を受ける条件は過去の実績とそれにより生まれた信用

目次

資金不足で借り入れる

書類

創業融資の借り入れ先は主に日本政策金融公庫や貸し手が金融機関の信用保証付き融資、またはノンバンクなどです。ただこれから創業する人が審査の申し込みをする先は、実際には日本政策金融公庫と信用保証付き融資の自治体の融資制度です。他にも民間金融機関のプロパー融資もありますが、信用保証付き融資などで実績が無い場合利用できる可能性は低くなります。創業融資は創業や企業、独立や開業をする際に自己資金だけでは、賄えない資金を金融業者や金融機関などから借り入れるものです。そのためノンバンクなどからの借入は高金利なことを考えると非現実的と言えます。

一発勝負の審査

お金

創業融資の借り入れを成功させるための大切なポイントは、書類審査の落度の無い創業計画書の提出と融資面談での質問で創業計画書通りの完璧な返答をすることです。創業融資は日本政策金融公庫も自治体の制度融資も申し込みは一発勝負です。一般的に審査を落ちると再度申し込みが可能になるまでは半年から1年はかかります。この融資を支援する業者は税理士や行政書士などが行っています。金融機関の信頼が圧倒的に高いのは税理士なので、この支援サービスを利用して見ると言う方法もあります。かかる費用は着手金は無料で成功報酬からの1パーセントとなっています。なお成功報酬は原則融資実行額の税抜き3パーセントです。

広告募集中